• PPC

WAXDOLL G53ヘッド 147cm A-cupフルシリコン 詳細レビュー @PPC公式ブログ



147cm A-cup フルシリコン製 / G53ヘッド








この記事ではOLDOLLからお借りした

「WAXDOLL G53 145cm A-cup フルシリコンボディ」を開封レビュー。

同時に細かい詳細を記入していこうと思う。


ハイクオリティなボディ、肉付きの良いグラマラスなボディ!

何よりカッコいい×可愛いG53ヘッド


最後まで気になるならどうぞ!


(撮影品は2019年式のユーズド品です)

WAXDOLLとは

オプションについて

動画版レビューについて

硬質シリコン G53ヘッド 詳細

145cm A-cupフルシリコンボディ詳細

一眼写真集(ウィッグを変更)

オプション、購入方法について




#WAXDOLL #フルシリコン #開封レポート


 

WAXDOLLとは









理想通りの彼女を造る!



WAXDOLL ブランド


ー特徴ー


・中国「蝋人形制作会社」が手掛ける、シリコンラブドールブランド。

・かっこイイ系と美少女系ヘッド

・フルシリコンでも価格は抑えめ

・しっかりと肉感、ぷりぷり。

・全身柔らかく、ブリード抑え目。

・撮影モデルからプレイ専門でも!

・ちっぱいから巨乳まで幅広い

・リアル系を求める方々へお勧め


↑GF01Z WAXDOLL








オプションの特徴↙


・ボディは100㎝~172cmまで

・お尻と太ももを柔らかく加工

・植毛加工が注文可

・音声加工も注文可

・脱着式ホールと一体式

・新骨格は標準

・眼球移動は標準

・硬質シリコンと軟質を選択可能

・ボディのリアルメイク無料サービス

・指骨格関節を加工可

・SINO系列が好きな人は買い!!



↑WAXDOLL G06




過去のラブドールレビューもどうぞ⇩



 


【動画版レビューはこちら👇】





 


WAXDOLL 53ヘッド 詳細






ヘッドナンバー58。


硬質シリコンver


さわるとかなり固いが

プラスチックの様に硬質というわけではない。

FUDOLLやArtDOLL、TOP-SINOを触った人ならわかるかもしれないが…


「外はふにっと中はガッチリ」


フード系のキャッチコピーとは違うが

触り心地的には似ている。


これならブリード感を気にしたりすることもないだろう。

長く付き合う上でベストな選択だと思う


ヘッドサイズはレギュラーサイズで、

130㎝~155㎝程度ならバランスよく

見えると思う。


すこしキリっとした

カッコよさを持つクール美人である。




視線移動が可能!


操作感はカチカチっと刻みよい

よくある不良もなく

快適な視線移動が出来た。


カラーはブラウン系


WAXDOLLは有料で植毛加工が出来る。


まつげまゆげの植毛+12000円

髪の毛の植毛+35000円



(OLDOLL.comの場合)


「つけま」などでは無く生の生え際が再現されている。

リアル系が欲しい人にとっては唾をのむ完成度である。


このサンプル品は「硬質シリコン版」


硬質版だけオーラル不可となっている。

口の開閉機能なども未実装だ。


軟質版はオーラルが可能なので

買う際は注意が必要。





ちゃんと耳まで赤味のあるメイクに!

しかもちょっと福耳なのジェラシー(´゚д゚`)





ヘッドカップには「G53」の刻印。そしてM16イモネジがヘッド側に刻んである。

付属のヘッドジョイントはヘッド側=イモネジ ボディ側=ストッパージョイント


少しカップサイズが小さいのでボディスワップするなら

カップの直径を調べて空の方が良いだろう。

じゃないと首が浮いてしまう原因になる。


ボディ側ジョイント


ストッパージョイントがはまっていたのでイモネジ+ストッパ型


いずれも使える様だ。

汎用性が高いシリコンブランドだね!





以下まとめ⇩


  1. 硬質シリコンで艶あり固め!

  2. 硬質版と軟質版でオーラル可否が変わるよ!

  3. ブリードが少ない硬質はGood

  4. フル植毛加工できる故、リアル派にオススメ!

  5. 130㎝~155㎝に装着最適

  6. M16ジョイントなので汎用性高



 

147cm A-cup フルシリコンボディの詳細





ブログ版限定 レビュー動画⇩



 



これはWAXDOLL2019年式製造らしく、前オーナーにかなり使用されていたサンプルだ。

フルシリコン製で147㎝A-cupモデル。


○訂正情報○ 2022/03/25
(↑工場に聞いたら2021年7月以降のモデルだと連絡アリ) ( •ω• // )<サーセン


体重は147㎝で36㎏という重量。


扱ってみた感じ、そこそこ腰に負担が来ました…_(:3 」∠)_クソ重


触った感触はまんま「SINODOLL」

表面は柔らかくて、中がすこし反発強めのシリコン。


しっかり人間味があるので触っていて心地よい。





体にはシリコンドール特有の


「パーティングライン」


がしっかり残っている。

最近だとArtdollやTOP-SINOが

パーティングラインが


「ほぼ残らない」


くらいバリ取りしてるのを見る。


2022のWAXも同じくらいバリを

取っているのだろうか…


今年のボディモデルも見てみたいね。



WAXDOLLのボディは

この年式では中空胸固定だ。


触った感じは確かに柔らかい!


しかし中の空洞感が露骨にあるので

アンリアル(非現実的)にも感じる。


沈み具合は中々イイゾ(´゚д゚`)‼




下から見たホール部分はこんな感じ。

ちなみに一体式だ。


WAXDOLLには脱着式と一体式が選べるがそれぞれ悩むことだろう。


一体式はメンテがキツくなるが、

肉厚にハサまれる感覚が楽しめるので


ボリューミーなプレイが出来る!


脱着式はラクにプレイしたい人向け。

(やった後ホール抜くだけでOK)


一体式と見た目の差はほぼ無いので

自分の都合に合わせると良いと思う。



陰毛部の肌感がすごい!

これはメイクの凹凸表現と


カタチによる凹凸でザラっと来る

リアルな感じを演出している。


今のラブドールすげぇ😨



ワイヤー式の手指。全身のきめ細やかなメイクと指先、関節まで

人間味のあるメイキングを見るところ、流石!蝋人形メーカー。


手のシワひとつひとつまで魂の籠っていそうなリアルメイクである。

ワイヤーの太さは申し分なく、SINODOLLと同じくらいの感覚だった。


このサンプル品も使用歴が長いのにかかわらず、撮影で十分使えるほど

耐久度は残っている。



2022年3月現在、OLDOLLでの場合。


指関節が実装されていた!٩( ''ω'' )و


ボディのリアルメイクが無料なのは嬉しい



ちなみにおしりと太ももに関しては「柔らか仕上げ」

が別料金で可能。このサンプル品は通常版だったが、それでも不満があるほど

固い訳では無かった。十分満足できるだろう


人間よりちょっと固いかな?🥺


ってくらいの硬度

自分の予算に合わせてセレクトするとGood👍


買い物で無理はするな(´゚д゚`)



自立加工された足裏。


3本ボルトで立つトライアングル配置の

スタンダードな自立加工だった。


しかし長年の自立保存により裂けてしまっている様だ。



自立加工されている個体は


「自立させやすく、安定するように」


造られているので必ずしも立つわけでもないし、壊れないわけでもない。


正しく扱う事が大前提である。


左の写真の様に、

ボルト高さと皮膚表面の高さが

完全にそろってしまっている。


こうなっては立たせたとき

スレて裂けるのは予想に容易いだろう。


たまにボルト高さをチェックすると良い

↑かかとに入った、スーパーリアルメイク。シワの一本一本がリアルすぎる!


↑音声加工が付いていた。充電にはUSB-micro Bが必要で、中央下の丸いボタンを長押しする事で起動可能。この個体は壊れていたため(恐らくボディ洗ったときに水没した)

残念ながら音声は聞けなかった。



※音声加工付きボディを洗う時※