• PPC

2021新作フルシリコンドール GD-SINO G6 開封レビュー @PPC公式ブログ



156cm C-cup /G6ヘッド





name:たそがれ読書



#GD-SINO #美少女 #開封レポート


 







発売早々 大人気!!




GD-SINO (TOPSINO刻印)


ー特徴ー


・美少女系、2.5次元系が得意

・フルシリコンドール

・リアルな肉厚ボディ。胸は控えめ

・2021年に登場した新ブランド

・発売早々、お迎えする人続出。

・ボディは2種類のみ

・ゼリー胸対応

・従来とオプションは同一









オプションの特徴↙


・ボディは156㎝と160㎝のみ

・前穴10cm~17cmと脱着式選択可能

・材質はシリコンのみ

・ボディとヘッドにはBRメイク加工可能(リアルメイクと同義)

・ゼリー胸固定

・人間の肌を模した「模擬肌」加工

・アンダーヘアの有/無

・自立加工あり/なし

・爪のカラー設定

無次元内部構造=穴内部の凹凸を複雑化。

・ボルト無し自立加工も可能







 


【動画版レビューはこちら👇】





 


超・美少女! G6シリコンヘッド 詳細





全体的に中サイズの大きさ。

小顔感があるが、実物は

ソコソコ大きい。





初めて触った感じ

全体的に柔らかい!



TOPSINOのように

ガッチリした表面硬度と言うより

SINOやSanhuiに近い、

TPE寄りの柔らかさ。



もちろん移動式眼球タイプ。スプリングで圧が掛かっているのだが

このサンプル品は少しクセがあるのか一部の方向へ移動させようとすると

バネが中で軋んで、移動しなくなることがあった。


撮影には苦労したが、何とか正面で固定できた。


まつ毛は書いてあるタイプ。もちろん植毛も可能。(+12000円)

同時に髪の毛の植毛も出来るが、60000円と超、高額。


その金額を掛けるなら、同額でウィッグを買い足したほうが

充実感があるかと思うのだが、そこはみんなの価値観に任せたい。


上から見てもスキンヘッドでも…


どちゃ可愛い‼


素晴らしいほど整ったお顔。発売早々、各代理店で爆発的人気を記録したのも

納得できるほど。

細かい事だが、眼球にはお得意の「血管」が描かれている。

視線移動させたときも、カバーされている内側に描かれているので

メイクはげについては大丈夫だ。


付け加えるなら、視線移動は付属品のスポイトを使った方がいい。

何故なら、まつ毛がハガれるリスクがあるからだ。


スポイトが吸い付きにくいと思ったら眼球に付いたブリードを

ティッシュペーパーで拭いてあげると多少良くなるぞ!

なんと口の中には舌が付属。シリコン製でサーモンの切り身

の様な物が入っていた。これは色んなシーンで役に立つだろう。

口を開けると、口開閉機能などは無い為にすぐ閉まってしまうが。

シリコン製の歯とシリコン製の舌が中に入っている。


唇の触り心地はぷにぷにとしていて

キス魔のドーラーも納得のクオリティだと思う。

口の形状もよく見ると「W」型。

舌を使って遊んでみた。写真を撮る時にも映えるし、

べろちゅーFANにも喜んでもらえる嬉しい要素だ。

ヘッドジョイントはSINOオリジナル。SINO本家と互換がある。

他店代理店で売っている、変換ジョイントを使えば他社とも互換できる様だ。

GD-SINOだが、刻印はTOPSINO。

ってことはTOPの工場で一貫製造しているのだろうか?


詳しい出所を教えてもらった事が無く、筆者自身も?ではあるが…

少なくとも「良い物である」という事は変わらない。


ブリード感もあまりなく、においもしない。

初めてラブドールを触る人にも触れて欲しい、良いブランドだと筆者は結論を出した。



以下まとめ⇩


  1. ・固すぎず、柔らかすぎない。感触重視設計肌!

  2. ・細かいメイクも欠かさない。でもピュアメイクで可愛さ強調!

  3. ・移動式眼球が標準。クセがあるから予備も持っておくといいかも?

  4. ・ジョイントはSINO本家と同じ。

  5. ・ブリード感は少ない。初心者も扱いやすい。

  6. ・シリコン製の舌がセット。ちなみにオーラルは出来ない仕様

  7. ・嫌なにおいもせず。しっかりと高級ブランドとしてクリアな性能。


 


ボディの詳細 TPE156cm C-cup


⇩ボディの感想





動画では案内出来なかったが、提供元へサンプルのオプションを聞いといた。


  • ナチュラル肌

  • 156㎝ C-cup

  • ゼリー胸

  • 太腿とお尻は柔らか仕上げ

  • 自立加工無し

  • ボディ=ノーマルメイク

  • ヘッド=ノーマルメイク

  • 腹部、胸の柔らか加工は標準採用


まずここまで取り扱ってみて思ったのは少々重いなと言う感じ。

お世辞にも軽い‼とは言えない重量感だ。


156㎝モデルの場合30㎏。

160㎝モデルの場合は35㎏。


この数字は軽視はできないが、他メーカーと比べて

胸や足、腹部。尻、背中。各部こだわりがあるようで

全てに「シリコン層の厚み」を計算して成型しているとの事。


感触を重視したが為に、贅沢・ふんだんにシリコンを利用しているので

この重量は納得ともいえる。


中国ではシリコンの原料費が高騰していて

不安定な中、工場も頑張っているなと感心させられる。


SINOファンに喜ばれたい。ラブドール界で成功したい。

その一心で頑張った結果だと私は見ている。


胸はCカップという、やや小ぶりな設計。

ちなみに筆者の女家系は歴代、貧乳。


というかアジア系は遺伝的に、低身長・貧乳型が多い様だね。

過去の統計データを参照してみると、日本はソコソコ貧乳大国だ。


そんな意味合いもあって、このボディはリアルだと思う(失礼)


もちろんゼリー胸が標準となっていて、触り心地は良い方だ。

本物やんwwwってほどではないが、安定していい触り心地!

メイクはスタンダードと言え、グラデーションが綺麗。

ただしメイクが全身に入っているので、お風呂メンテ。


クレンジングオイルのケアについては注意が必要。

せっかくのメイクをはがさないようにね!

指はワイヤーが標準。イマイチ、ポージングについては難しく。

ホールド性は低い為、物を持たせようにも落ちてしまう。


ただしヨジレたり、ワイヤーが抜けたり、折れたりすることは

今まで聞いたことが無く、非常に耐久性が高いのだと私は思う。

ヘッドジョイントはSINO本家と共通

抜け辛い!というトラブルもなく、サビさせなければ何不自由もなく扱える。

ホールは無次元内部構造という技術で成形。

SINO本家と同じだが、中のヒダにも力を入れておりプレイの満足度も向上している。


試しに指を突っ込んでみたが


こwwwれwwwはwww


って感じ(語彙力)

腰も張っていて、しっかりとしたリアルボディ。

ブリード感もほぼ無く、家に来たらスグ遊べる!

足の裏はボルトが無い。このサンプルは自立加工無し。


TOPSINOやSINO本家と同じだが…


  • 自立ボルトあり(六家系型の樹脂ボルト)

  • 自立ボルトなし(足の鉄板を厚く、足裏のシリコン層を肥大化)


これを選択できる。シリコンは元々亀裂に弱い為、自立ボルト無しがどこまで耐えられるか不明な事も多いのでここでキッチリ判断が付かないが・・・


自立加工つけるなら、ボルトあり‼


を私なら選択する。

アンダーヘアの毛根??のようなジャラジャラ肌。

こう言う所は本物感ありますね。

パーティングラインは強めに残っている。横腹↑ 足首↓



以下まとめ↓


  1. ブリードは少ない!

  2. 重量は重め。扱えないほどではない。

  3. スタンダートでこのクオリティ・メイク!十分すぎる

  4. 自立加工はボルトありをお勧めします

  5. 無次元内部構造を採用。スパイラルな経験を!

  6. パーティングラインは強めに残ってる。

  7. 指はワイヤー型。耐久性は高い!

  8. 骨格のジョイントグリップはゆるめ。不思議と緩まない、SINOオリジナル設計。




 

一眼写真集


















 


次回予告と購入先




初めてのGDブランドをレビューしてみたが

開封前にも思っていたことが的中した。


結局SINOやん(´◉◞౪◟◉)


つまり、GDブランドという違うブランドだとしても

作り手が同じ以上は似たようなものになると

予想していた。


家に来て初めて開封してからすぐ気づいた。

普通にSINOだと。


もちろんほぼ不満なくいじり倒すことが出来たので

初心者、中級者、上級者問わず

誰でも扱えると思う。


ただし重量がソコソコあるのでボディのセレクトだけ

156で行くか160にするか考えたほうがいい。


今後のシリコンドール選びの参考にしてくれればうれしい。














次はGD-SINO G1!

近日公開‼お楽しみに☆














お迎え希望のかたはコチラからドウゾ


~ダイレクトリンクからの購入でPPCへのご支援となります~




〚サンプル提供元 OLDOLL様 公式〛


画像クリックで各サイトへアクセス⇩



https://www.oldoll.com/









閲覧数:4,986回0件のコメント

最新記事

すべて表示