top of page

ドールメーカー一覧

​タグ一覧

  • 執筆者の写真PPC

AOTUMEDOLL製造工場へ直接潜入!アニメドールの製造の様子をレポート

更新日:2023年12月8日


 

2023-12-04


aotumedoll 工場



みなさんこんにちは、ぱぺっとぴんく本家です。

本日もラブドール新着情報をお送りします!


AOTUMEDOLL製造工場へ直接潜入!

アニメドールの製造の様子をレポート


と題しまして、この記事では2023年11月に

ぱぺっとぴんくが中国へ取材旅行へ行ってきた際、

等身大アニメドールの「Aotumedoll」を

製造する工場へ行ってきた情報について

掲載しています。


  • ヘッド離型、メイクの様子。

  • ゼリー胸の正体

  • 全種類ボディ比較


以上のポイントが気になる方向けとなってますので、

知りたい方は最後まで読んでいかれてはいかがでしょうか?


ラブドールのお迎えに役立てていただけたら嬉しいです。


ぱぺっとぴんく

例の男の子も 登場するぞ♡ ぱぺっとぴんく


↓Youtube版の無修正バージョン



目次 【本記事の内容】

 


 




 1.AOTUMEDOLL製造工場へ直接取材  




aotumedoll


日本人は初めてでしょうか?

代理店のコネでAOTUMEDOLLの製造工場へ

取材できることになりました。


綺麗な工場が見えてきました…!


具体的な場所は明かせませんが、

日本よりずーーっと南側にある地域ですので

11月だというのに

外気温20℃付近。(25℃あったかも?)


工場近くではショッピングストリートが

あったり、卸倉庫があったりと

商売が盛んな地域でしたね。


さぁ!中へ入ってみましょう。


ぱぺっとぴんく

暑い中…

いつも製造お疲れ様です!


ぱぺっとぴんく



 1-1 男型アニメドールの実物  





aotumedoll 男

↑クリックで該当モデルへジャンプ



男型といえば、

AOTUMEDOLLから2023年 夏発売の男型アニメドール!


可愛い顔してますが

ソーセージが2種類付いてます。


可愛いソーセージを連想しましたが

見事に裏切られました(笑)


実物はこちらです。



aotumedoll 男


胸がややあるような???

胸板、というより胸。でしょうか。

まずまず柔らかい感じです。



aotumedoll 男



シリコン製のソーセージと

TPE製のソーセージを並べてみました。


メイクも入って妙にリアル。

何とも複雑な気持ちでカメラ撮影…。

M16ストッパージョイントが

入っているので、


理論上、頭も股間に装着可能。


ぱぺっとぴんく

いい子は

やっちゃだめだぞ★


ぱぺっとぴんく




 1-2 AOTUMEボディ各種比較 



離型したての未塗装品

AOTUMEDOLLのTPEボディが

保管されている部屋を見つけました。


特別に許可頂いたので、

お迎えに参考になるよう

全体イメージを掲載しておきます!

※画像の下にボディの種類を記載済み


aotumedoll 155cm
155cm H-cup
aotumedoll 155cm
155cm F-cup


 


aotumedoll 135cm
135㎝ G-cup
aotumedoll 145cm
145cm D-cup



 



aotumedoll 135cm
135㎝ AA-FAT
aotumedoll 135cm
135cm AA-slim


 


aotumedoll 男
142㎝ 男型

コスプレでAOTUMEDOLLをカスタムして

遊びたい!って人は…


155㎝がオススメ。


体重30㎏で人間用がすっぽり着せれるぞ👍


短足のもちあしで

天使みたいな可愛さを嘗め回したい!

という変態紳士には…


135㎝AA-FAT一択だ。


体育すわりさせたときの足のラインが

めちゃくちゃキュート (やってみて!)



ぱぺっとぴんく


良いセンスだ (キリッ



ぱぺっとぴんく




 1-3 AOTUMEメイク職人の様子 






AOTUMEDOLLのメイクは人間タイプと違って

黒の輪郭線が多く、

鮮やかな色調を施す事が多くなります。


絵描きをするイメージで、

AOTUMEDOLLの場合は、

アニメキャラクターをラブドールとして

実現提供するのが

目的のブランドです。


どれだけキャラを再現できるか?

ここが重要です。


職人さんは女性の方で、

顔出しNGでした。

手元だけちょこっと切り抜いて

お見せしています。


使用しているのは

人間用の油性化粧品ですって!


メイク技師の勤続年数は

4年だと教えてもらいました。


ぱぺっとぴんく

いつも素敵な

ヘッドをありがとう‼



ぱぺっとぴんく




 2. 行って知った内部構造の正体 




aotumedoll

↑AOTUMEDOLLの工場もJ&Jのベビーパウダー使ってた



AOTUMEDOLLさんに特別な許可を

頂いているので、

製造ラインを見学してきました。


簡単に製造完了までの作業フローを

アバウトにまとめるとこんな感じです。


第1工程

・骨格部品を溶接

第2工程

・ボディ型に骨格をセット、TPE流し込み。

第3工程

・翌日まで冷却後離型、ゼリー胸仕上げ。

第4工程

・パーティングライン取り

第5工程

・全体の熱慣らし、表面均一化。

第6工程

・ボディメイク、ヘッドメイク

第7工程

・最終納品チェック作業


各工程ごとに作業チェックルールがあって、

ひとつのAOTUMEDOLLが生まれるまでに、

何回も品質チェックをすると聞いてます。


社長も自ら最終チェックをすることで、

工場全体で責任をもって良いドールだけを

日本に届けてくれているんですね!



ぱぺっとぴんく

「こだわる」って

大事なことだよね!


ぱぺっとぴんく





 2-1 ゼリー胸の中身はコレ  





↑ゼリー胸の中身 (軟化調合TPE)


ゼリー胸の正体は、

粘り強く、ぷるんとしたゼリーっぽい

謎の個体。


これはTPE原料に

シリコンオイルを過量添加して加熱し、

専用型で冷ました姿だそうです。



↑取材関係者がゼリーを胸に入れようと奮闘!(工場作業員ではありません)



胸の右側面に、

丸いホールカットがあります。

そこに先ほどの

軟化したゼリーTPEを押し込みます。


入れ終わったら

充填用のTPEを使って、

大型はんだゴテのような物でフタをします。


すると

ぷるんと揺れるゼリー胸

が出来上がるんですね!


TPEでは切削痕や

加工痕が残りにくいので

TPE素材ならゼリー胸加工が容易に

出来るようです。



ぱぺっとぴんく

おいしそう



ぱぺっとぴんく




 2-2 TPEヘッドが離型される瞬間 




↑隣にあるのはボディ型で同じ手順だそうです。右奥に見えるのはTPE原料2~3種類ありました。


ぱぺっとぴんく

あぁ…!

産まれりゅ



ぱぺっとぴんく






 3. AOTUMEDOLLがもっと楽しく 







aotumedoll

↑梱包用ウレタン射出機で記念撮影 (梱包用の緩衝材)



みなさんどうでしたか?

AOTUMEDOLLに興味が沸いた。

という方も居たのではないでしょうか。


AOTUMEDOLLやMOZUDOLLといった

新時代の等身大アニメドールを中心に、

好きなアニメキャラを再現する事で、


理想の2.5次元嫁をお届けする


新プロジェクトをスタートしました。

主にドールメイク、ヘアカット。

コスプレ小物の3Dプリンター製作など。


DIY要素多めでお届けしています。

興味があればお越しください(/・ω・)/




そんなんより

AOTUME情報チョーダイ( 一_一)

と言う方はコチラをどうぞ!



以上の記事を読むと、

より濃く、詳しく知ることが出来ます。

また次回の記事でもお会いしましょう★


ぱぺっとぴんく


最後までお読みいただき

ありがとうございました!


ぱぺっとぴんく








閲覧数:2,040回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti