• PPC

2022年式 Sanhuidoll #34ヘッド 開封レビュー シリコンシームレスボディ @PPC公式ブログ

更新日:3月11日



150cm B-cup / 34ヘッド













#sanhuidoll #美少女 #開封レポート


 









理想のアイドルをあなたへ



Sanhui doll とは


ー特徴ー


・美女顔で小顔&スレンダーボディ

・フルシリコンとTPEとシームレス

・他ブランドには真似できない可愛さ

・柔らかさをトコトン追及

・壊れにくく、長く遊べる。

・アイドルが好きな人に最適

・各部の柔らかさを可変出来る

・モデルとしてパートナーとして…










オプションの特徴↙


・ボディは65cm~165cm

・細めの体つきがメイン

・予算に合わせて素材を変えれる

・メイクは全て共通

・部位ごとに変えれる柔らかさ

・乳輪サイズはオーダー可

・アンダーヘアはメイクオンリー

・一体式と脱着式で自由な選択

・自立加工2種類+自立無し

・トコトン柔らかく部位ごとに加工

・体重はふつう位の重さ









 


【動画版レビューはこちら👇】





 


2022年シームレス 34ヘッド 詳細




ヘッドの番号は34番


今年の1月頃に追加された

Sanhuidoll久しぶりの新作


触ってみて思ったのが少しだけ

ブリード感があるが、過去より少しだけ

抑えられてる印象だった。


昔のSanhuidoll(2019年ごろ)


TPEに近い感触で確かに柔らかいが

ブリードが酷かった記憶がある。


それに比べて今のSanhuidollは

着実に進化してるんだなぁと感心した。




何よりSanhuidollお得意の


超・美少女フェイス


顔面偏差値は業界屈指の

トップクラス(独断)


あひる唇がかわいらしい(笑)



 

タレ目になった瞳が可愛さのスパイス。

上のまつげは「つけま」

下のまつげは「メイク」


眉毛もメイクで書かれていても、リアルな生の美少女感は薄れない!


以前からメイクの耐久性がイマイチ?な評価のSanhuidoll。

2022年式は今の時点でどうなるかわからないが

ファンとしては耐久性が向上してると願いたい。

麗しのアヒル唇。10%程度口を開けた状態で撮影

この細い輪郭、ぷるんとした唇に「虜」となるオーナーは今年何人居ることか…

やっばかわぇええ(; ・`д・´)


ウィッグつけないでこの可愛さはエグいっしょwww




 


【口の開閉具合について】





OLDOLLやSweetmateの有料オプション


口開閉機能をつけると写真のように

アゴ関節が実装されて


自由に上下調整することが可能だ。

操作感は結構カタイ。


オーラルもできるヘッドだが

あまりしつこく棒(意味深)を突っ込むと、サイドが割れてくることだろう。


左の写真は「開度100%」










「開度50%程度」


一番かわいく見えて

デフォルトのお顔になる。


撮影モデルから

プレイ中までオールラウンダー(笑)













「開度0%」


写真で使えるギリギリかわいい

調子がここまでだ。


というのも、実はアゴ関節の遊び幅がまだ余裕があってもっと閉めることもできる。



閉められるけど…‼











マジですかwww((´∀`*))




これは無い。うん、ないわ(笑)











やっぱり開度は「0~100%」程度で収めておくべき。

マイナス開度を使うと


縄文人みたいな(?)


超・小顔(悪い意味)になるので気を付けよう…


以下まとめ↓


  1. シームレスヘッドでつなぎ目のないヘッド!

  2. ブリードはチョイ多め

  3. ぷるんとした唇!

  4. 口の開閉機能で表情変化を楽しめる

  5. オーラルもできる、顔芸もできる!

  6. 美少女ファンなら34番はすっごいおススメ!




 

150㎝ B-cup シリコン・シームレス




【ブログ限定 おっぱいレビュー】





シリコン素材 首のつなぎ目の無い、シームレスボディ

150㎝代で30万円前後のミドルクラス・ラブドールだ。




過去のsanhuidollより…

体のバランスが見直された様だ。


過去はホッソリとしたスマートボディ


今はバランスよく「ふともも」

下半身バランスが少しムッチリと


今まで物足りなかった

「肉厚感の向上」


2022年のSanhuidollは

ここが魅力ポイントになるだろう。






うっすらとパーティングライン決して目立つわけでもない。

シリコンなんだ…!と外から見て満足できるポイントに見える。


鎖骨のラインがやたらリアルで凹凸具合が魅力だ。




このドールは


「お腹とお尻のやわらかオプション」


を施工したモデル。


サンプル動画の様にぷるんと

いい感じの揺れ具合。


ゼリー腹?ぽい感じだった。

腰を起こすと、腹肉が乗って


2段腹!


出来ちゃいます(´∀`*)





控えめB-cupのバスト。


Bだから揉み心地固い・・・


って訳じゃない


もちろんプルンプルンです!






手は「ワイヤー」


中に入ってるのは固めだ。


SINODOLLのように柔らかい!

という事もない。


SINOより固くて軽い小物なら持たせることも出来るだろう。



メイクは控えめ!





自立加工には


①ボルトタイプ

②ボルトカバータイプ

③無し


の3パターンが選択できる。

安定性はソコソコいい方だと感じた。


首のつなぎ目が無い分、人間っぽさが増したように感じる。

ウィッグかぶせたら人間の後ろ姿と瓜二つ!


あとはブリード感がもう少し抑えれたらパーフェクトなんだが…

指のワイヤーがしっかりしているおかげで

細かい感情再現も出来そうだ。物だって持つことが出来るだろう。


きっとマスターのフランクフルトだって…🥖

控えめでありつつ、ボリュームのあるお尻。

ホール内部の構造は多少変化があったようだが

それはオーナーだけの経験になるだろう。


気になるなら買って突っ込むべし

昔のsanhuidollより圧倒的にボリュームのある体つきになった。

SINO流行のイマだからこそ、そういう風潮なのか?


兎も角、関節強度。耐久性については向上していそうな2022年式。

今年の新作ヘッドにも期待したいところだと素直に思った。


以下まとめ⇩


  1. 体重30㎏!重い!ギリギリ扱えるレベル

  2. 肉厚感がUP!細すぎないアイドルボディ

  3. 柔らかオプションで2段腹。リアルな肉感を楽しもう!

  4. 安定した自立加工、立ち撮影も工夫次第。

  5. 固めの関節操作感。扱いやすいラインを追求

  6. メイクと耐久性はどこまで伸びるか?オーナーのみ知る

  7. ブリード多め。夏場はやっぱメンテ大変かも?過去よりマシ。

  8. ザラっとくる凹凸肌。リアル感UP





 

一眼写真集 [ウィッグ可変]